2007年07月14日

毛穴ケアは若いときから

毛穴ケアを若いときからしっかりすることで、お肌トラブルを防ぎたいですね。

お肌トラブルには乾燥、思春期にきび、大人にきび、小じわなど色々ありますが、一番の悩みは毛穴でしょうね。

毎日、鏡の前で毛穴の状態を見るたびにがっくりです。

毛穴には開き毛穴、乾燥毛穴、たるみ毛穴、汚れ毛穴の種類があることが分かりましたが、毛穴のタイプ別にケアの方法もあるようです。

全タイプの毛穴のケアに必要なのは毎日のお肌の手入れが一番重要なのです。分かっているつもりでもつい、おろそかになっていません?

毎日欠かすことのできない洗顔、クレンジング、保湿は正しい方法をマスターしたいですね。

特に毎日自分で行うスキンケアですから、間違っていたら大変なことになります。

私のように洗顔時にごしごしこするのは角質層をこわすばかりで、スキンケアにはなっていなかったこともあるのです。

毛穴ケア、スキンケに化粧品、化粧水に頼っている方も注意が必要です。

化粧品に含まれている成分にお肌トラブルのもとになる有害物質がある場合があるからです。

毛穴ケアのために使った化粧品が逆にお肌トラブルを加速させることになったら大変です。普段使っている化粧品を他のものに代えるのはなかなか勇気が要ります。

でも、毛穴ケア対策の化粧品の有害成分が開いた毛穴に詰まって化膿したとしたら、ますます毛穴が黒ずんできますよね。

私のように、洗顔時に必要以上にごしごしやって角質層を壊し、お肌がバリアー機能をなくしたところに、有害成分が入った化粧品、化粧水を塗り込んだらどうなると思います?

お肌の角質層の張り、保湿を作る成分コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸をサプリメントで補充し、スキンケアをする方法もありますね。

今はすばらしいサプリメントが色々あります。
アンチエイジングに効くサプリメントもあるんですよ。女性にとっては夢ですよね。

女性のお肌はとてもデリケートです。スキンケア、毛穴ケア対策が逆にお肌のためにならなかったということがないようにしたいものです。

私の経験から言いますと、毛穴ケア対策は乾燥肌にしないということを一番にあげたいと思います。

毛穴ケアの方法は基本は毎日の正しい洗顔をして、潤いのあるお肌を保つことであることを痛感しています。

もうひとつ、毛穴ケア、スキンケアにケミカルピーリングを取り入れてみたい私でもあります。



毛穴と加齢の関係

毛穴ケアは全年代の女性の悩みでもあるんですね。

毛穴黒ずみは若い女性でも起こりえるんです。
特に思春期にきびが一杯できた方は、にきび跡が完全に癒えずそのままになっていたら毛穴黒ずみになりやすいようです。

毛穴の開きが大きいと、老廃物や皮脂が毛穴に詰まりやすくなります。さらに細菌によって化膿でもすれば、お肌のトラブルへ発展します。

加齢も毛穴が開く原因になるといわれています。年齢を重ねると、お肌の新陳代謝が低下して、角栓が詰まりやすくなり、お肌の張りや潤いが不足し、結果、毛穴の周りの皮膚の弾力が失われ、毛穴の周辺の組織が硬くなり、毛穴が開いてしまうんですね。

加齢によって、お肌の角質層を作るエラスチンとかヒアルロン酸、コラーゲンが少なくなると、毛穴の周りの細胞の活力がなくなり、お肌の弾力性が落ちるんです。

毛穴の開きを抑えるために、レーザー治療をするところもあるようです。最近は皮膚クリニックでケミカルピーリングという施術が人気を集めているようです。

毛穴ケアは若いうちからスキンケアをしっかりしておくことが一番大事です。特に、思春期にきびはしっかりと治しておきたいです。

10代の若いうちは、お肌そのものがぴちぴちで、思春期にきびができても、そんなにスキンケアをしない傾向があると思います。

年齢を重ねてから毛穴ケアをする場合、特に毛穴の開きが大きい場合はプロに依頼してスペシャルケアをしてもらうのも効果的です。

私も今になって、若いときから洗顔、クレンジングなどの毛穴ケアをしっかり行っておけばよかったと後悔しています。

鏡をみるたびにため息がでます。お肌を何回もさすりながら・・・

毛穴ケアの私の失敗談ですが、思春期にきびも体験したことから、洗顔するときはいつもごしごしこすっていたんです。

洗顔後にスキンミルクなどを塗りこんでスキンケアをしているつもりでも、逆にお肌が赤くなって、かさかさしてきたときがありました。

毎日洗顔をしても一向に良くなりません。
皮膚科で診てもらったところ、洗顔時のこすりすぎが原因といわれました。お肌の表面は角質層で覆われていて、炎症などからバリアーしているんですね。

洗顔によってこすりすぎると、角質層が壊れてしまい、バリアー機能がなくなり、お肌のかさかさが目立ち、炎症を起こしてしまうのらしいです。

毛穴ケアもしっかりした知識をもって行いたいとつくづく思いました。
2007年07月13日

毛穴ケアの悩みつきません!2

毛穴ケアの悩みつきませんよね。

毛穴が目立つ原因は大きく分けて3つに分けられるようです。
毛穴が目立つ一つ目の原因は、肌が乾燥するための毛穴です。

毛穴は乾燥肌ほど目立ちやすいんです。
乾燥することから肌のターンオーバーが低下、肌が荒れて毛穴が目立ってしまう状態です。

ちなみに、ターンオーバーとは、肌の生まれ変わりのサイクルのことなんですね。

乾燥毛穴に対する毛穴ケアとしては、保湿ケアだけでもかなり効果があるようです。

毛穴の目立つ二つ目の原因は、角質皮脂や汚れが毛穴に詰まって、毛穴を広げている状態ですね。思春期にきびを経験した人にはこの毛穴ケアで悩んでいる方が多いようです。

毛穴の目立つ三つ目の原因は肌の老化により、顔の中でも頬のような面積の広い部分の毛穴が、縦の方向に広がって見える状況だそうです。

毛穴ケアで悩んでいる女性は、年代を問わず多いのですが、特に年齢がいった人は、常にお肌の手入れをきちんとしないと、新陳代謝で剥がれ落ちるべきところの角質が肌に残ってしまい、代わりの新しい細胞が出来にくくなってしまうのです。

お肌の古い角質が残されたままになってしまい、それがだんだん積み重なって肌が硬くなり、毛穴が一層目立ってくるわけです。

その毛穴に老廃物がたまり、細菌によって化膿してきたら毛穴ケアどころか、お肌に大変なトラブルを起こしてしまいます。

従って、お肌のターンオーバーをしっかり整えることが毛穴ケアをする上で極めて重要なことになるのです。

新陳代謝でお肌の細胞がちゃんと新しくなっていかないと、老廃物の角栓ができて、毛穴をふさぐことにもなるのです。

毛穴ケアの究極はやはり、毎日丁寧な洗顔を行うことです。
ただし、角質をいためるようなごしごしする洗顔はぜったいにいけません。

常にお肌の表面である角質をやわらかくする成分の化粧水を含ませたり、乾燥させないように角質層を保湿をることによって、お肌のターンオーバーがしやすい状態にもっていくことが毛穴ケアにとっては大事なことです。

毛穴の悩みつきません!

毛穴ケアーはどうしたらよいのかいつも悩みます。

毛穴の黒ずみ、気になって仕方がありません。鏡を見るたびにがっくりします。何だー、この毛穴の黒ずみはー。

私の場合は、鼻の黒ずみ、毛穴の開きと汚れが何といっても気になります(泣 

毛穴ケア、こればかりは一人でやってもなかなか効果がでないです。

毛穴黒ずみをほったらかしていると、帯状毛穴という大変な状態になるそうです。ほんと、怖いですね。

毛穴ケアのために毛穴対策化粧品もたくさん使用してみました。
でも、なかなか効果が出ないような気がして、うんざりしたこともあります。

さらに、毛穴対策化粧品なのに、含まれている成分に有害成分が入っていたら、毛穴ケアどころか、さらに皮膚トラブルを悪化させることにも成りかねません。

最近、経皮毒って聞いたことありませんか?
書店に行けば、経皮毒に関する本が一杯出ていますよ。

毛穴黒ずみとか、毛穴炎症、お肌トラブルもひょっとしたら、使っている化粧品の成分の影響もあるんじゃないかって思うときがあります。

ですから、毛穴ケア対策化粧品というものもどんな成分が入っているのか良く知ってから使いたいですね。

毛穴ケアにいいと思って買った化粧品がさらに悪化させたとあっては、話になりません。

毛穴の黒ずみの原因は毛穴に角質の老廃物と皮脂が詰まることなんですね。毛穴に老廃物がたまったり、詰まった皮脂が毛穴から排出されないと細菌の影響もあいまって黒ずんでくるんです。

毛穴に老廃物や皮脂を詰まらせなければ、毛穴の黒ずみはできないことですよね。

毛穴ケアの最高の方法は正しい洗顔を毎日行えばよいということです。この場合の「正しい洗顔」、これは極めて大事です。

あるテレビ番組で衰えた顔の皮膚を若返らせようと、洗顔と化粧水によるケアを毎日1時間以上していましたが、あまりに皮膚をこすりすぎ、角質を壊し、かえって前より皮膚の状態が悪くしてしまったことを放送していました。

毛穴の黒ずみを除去しようとして、過度の洗顔も考えようです。
従って、正しい洗顔を行うことが必要なのです。

洗顔は決して力を入れて行ってはいけません。

洗顔用石鹸の泡を両手で救い、その泡で顔を包むくらい、やさしく洗顔するのです。直接、手で皮膚に触れなくてもいいのです。

手で皮膚に触れても、やさしくマッサージするつもりで、ごしごし力を入れてはいけません。

毛穴ケアは一見やさしそうで、洗顔ひとつをとってみても、そんなにやさしくはないのです。
2007年07月12日

毛穴ケアの悩みあれこれ

毛穴ケアに悩んでいらっしゃる女性は年代を問わず多いんですよね。

鏡を見るたびに気になる毛穴。毛穴が黒ずんでくる、怖くなるような。
毎日、洗顔もして、パックもして、エステもして、乾燥肌にならないように必死にケアしているつもりでも、よく見ると小鼻の毛穴が黒ずんでいる、きゃーって感じです。

毛穴ケアって難しいんでしょうか?

お肌の乾燥、にきび、小じわ、シミなどお肌トラブルは色々ありますが、毛穴ケアが一番難しいような気がします。

人それぞれによって毛穴の状況が違うので、毛穴ケアの方法が人によっては全く違ってくるんですね。

自分の毛穴のタイプがどれになるのか、先ずはそこから入らなくてはなりません。

毛穴のタイプにも色々あるんですね。

※ 開き毛穴

毛穴が比較的大きくて、思春期にきびで悩んだ方に多いようです。  元々、皮脂分泌が多いタイプですので、顔全体の毛穴が目立つこと  が多いです。私もこのタイプです。


※ 乾燥毛穴

お肌の水分が少なくなり、しっとり感がなく、毛穴が非常に目立つ  タイプです。お肌がかさかさして、荒れ模様で、その上、毛穴が目  立ちます。


※ 汚れ毛穴

お肌の手入れ不足、洗顔不足から毛穴に老廃物がたまり、白い油状  のものが毛穴に詰まったように見えます。

※ たるみ毛穴

年齢を重ねることで、お肌がたるみ、毛穴が目立ってきます。この  たるみ毛穴を気にされる年配の女性は多いですね。

毛穴ケアを確実にするにはどうしたらいいのでしょうか。

化粧品で毛穴問題を解決する、エステで毛穴ケアをする、洗顔をしっかりして毛穴対策をする、人それぞれに考えますよね。

毎日の毛穴ケアは、お肌の手入れ、クレンジング、洗顔、保湿をきっちりすることから始まります。

でも、洗顔にしろ、化粧水を使うにしろ、やり方を間違えるとお肌のトラブルが更に大きくなる危険性があるので、よく聞いてから実行しましょうね。


太陽光を太陽電池で電気に変える
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。