2007年07月13日

毛穴の悩みつきません!

毛穴ケアーはどうしたらよいのかいつも悩みます。

毛穴の黒ずみ、気になって仕方がありません。鏡を見るたびにがっくりします。何だー、この毛穴の黒ずみはー。

私の場合は、鼻の黒ずみ、毛穴の開きと汚れが何といっても気になります(泣 

毛穴ケア、こればかりは一人でやってもなかなか効果がでないです。

毛穴黒ずみをほったらかしていると、帯状毛穴という大変な状態になるそうです。ほんと、怖いですね。

毛穴ケアのために毛穴対策化粧品もたくさん使用してみました。
でも、なかなか効果が出ないような気がして、うんざりしたこともあります。

さらに、毛穴対策化粧品なのに、含まれている成分に有害成分が入っていたら、毛穴ケアどころか、さらに皮膚トラブルを悪化させることにも成りかねません。

最近、経皮毒って聞いたことありませんか?
書店に行けば、経皮毒に関する本が一杯出ていますよ。

毛穴黒ずみとか、毛穴炎症、お肌トラブルもひょっとしたら、使っている化粧品の成分の影響もあるんじゃないかって思うときがあります。

ですから、毛穴ケア対策化粧品というものもどんな成分が入っているのか良く知ってから使いたいですね。

毛穴ケアにいいと思って買った化粧品がさらに悪化させたとあっては、話になりません。

毛穴の黒ずみの原因は毛穴に角質の老廃物と皮脂が詰まることなんですね。毛穴に老廃物がたまったり、詰まった皮脂が毛穴から排出されないと細菌の影響もあいまって黒ずんでくるんです。

毛穴に老廃物や皮脂を詰まらせなければ、毛穴の黒ずみはできないことですよね。

毛穴ケアの最高の方法は正しい洗顔を毎日行えばよいということです。この場合の「正しい洗顔」、これは極めて大事です。

あるテレビ番組で衰えた顔の皮膚を若返らせようと、洗顔と化粧水によるケアを毎日1時間以上していましたが、あまりに皮膚をこすりすぎ、角質を壊し、かえって前より皮膚の状態が悪くしてしまったことを放送していました。

毛穴の黒ずみを除去しようとして、過度の洗顔も考えようです。
従って、正しい洗顔を行うことが必要なのです。

洗顔は決して力を入れて行ってはいけません。

洗顔用石鹸の泡を両手で救い、その泡で顔を包むくらい、やさしく洗顔するのです。直接、手で皮膚に触れなくてもいいのです。

手で皮膚に触れても、やさしくマッサージするつもりで、ごしごし力を入れてはいけません。

毛穴ケアは一見やさしそうで、洗顔ひとつをとってみても、そんなにやさしくはないのです。
太陽光を太陽電池で電気に変える
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。