2007年07月14日

毛穴と加齢の関係

毛穴ケアは全年代の女性の悩みでもあるんですね。

毛穴黒ずみは若い女性でも起こりえるんです。
特に思春期にきびが一杯できた方は、にきび跡が完全に癒えずそのままになっていたら毛穴黒ずみになりやすいようです。

毛穴の開きが大きいと、老廃物や皮脂が毛穴に詰まりやすくなります。さらに細菌によって化膿でもすれば、お肌のトラブルへ発展します。

加齢も毛穴が開く原因になるといわれています。年齢を重ねると、お肌の新陳代謝が低下して、角栓が詰まりやすくなり、お肌の張りや潤いが不足し、結果、毛穴の周りの皮膚の弾力が失われ、毛穴の周辺の組織が硬くなり、毛穴が開いてしまうんですね。

加齢によって、お肌の角質層を作るエラスチンとかヒアルロン酸、コラーゲンが少なくなると、毛穴の周りの細胞の活力がなくなり、お肌の弾力性が落ちるんです。

毛穴の開きを抑えるために、レーザー治療をするところもあるようです。最近は皮膚クリニックでケミカルピーリングという施術が人気を集めているようです。

毛穴ケアは若いうちからスキンケアをしっかりしておくことが一番大事です。特に、思春期にきびはしっかりと治しておきたいです。

10代の若いうちは、お肌そのものがぴちぴちで、思春期にきびができても、そんなにスキンケアをしない傾向があると思います。

年齢を重ねてから毛穴ケアをする場合、特に毛穴の開きが大きい場合はプロに依頼してスペシャルケアをしてもらうのも効果的です。

私も今になって、若いときから洗顔、クレンジングなどの毛穴ケアをしっかり行っておけばよかったと後悔しています。

鏡をみるたびにため息がでます。お肌を何回もさすりながら・・・

毛穴ケアの私の失敗談ですが、思春期にきびも体験したことから、洗顔するときはいつもごしごしこすっていたんです。

洗顔後にスキンミルクなどを塗りこんでスキンケアをしているつもりでも、逆にお肌が赤くなって、かさかさしてきたときがありました。

毎日洗顔をしても一向に良くなりません。
皮膚科で診てもらったところ、洗顔時のこすりすぎが原因といわれました。お肌の表面は角質層で覆われていて、炎症などからバリアーしているんですね。

洗顔によってこすりすぎると、角質層が壊れてしまい、バリアー機能がなくなり、お肌のかさかさが目立ち、炎症を起こしてしまうのらしいです。

毛穴ケアもしっかりした知識をもって行いたいとつくづく思いました。
太陽光を太陽電池で電気に変える
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。